傷病名・被害が『死亡事故』の解決事例


全5件中 1〜5件目を表示
  • 1
  

同乗中の事故で死亡したAさんの遺族が弁護士に依頼し増額した事例

ご依頼後取得した金額
6000万円
受傷部位頭部(脳挫傷、多発性外傷、外傷性出血性ショック)


20代、大学生

詳細を見る
  • 2
  

高齢者の死亡事故で、弁護士が2000万円での示談を成立した事例

ご依頼後取得した金額
2000万円
受傷部位全身(閉鎖性ショック死、左多発肋骨骨折)


70代、無職

詳細を見る
  • 3
  

死亡事故で3700万円を獲得したKさん(30代男性)の事例

ご依頼後取得した金額
約3700万円
受傷部位頭部


30代会社員

詳細を見る
  • 4
  

高齢者の死亡事故。裁判せずに約900万円増額したご家族の事例

ご依頼後取得した金額
約3300万円
受傷部位びまん性脳損傷、頭蓋底骨折 
⇒ 事故から約4時間後に死亡


70代パート

詳細を見る
  • 5
  

死亡事故において示談交渉で近親者慰謝料が認められた例

ご依頼後取得した金額
約3400万円(約500万円増額)
受傷部位頚椎骨折に伴う頸髄損傷
等級死亡


70代パート

詳細を見る

その他の「傷病名・被害別」の解決事例についてはこちら

当事務所の解決事例ページへ戻る


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約