よくある相談Q&A

交通事故で高次脳機能障害と判断されました。高次脳機能障害とは?

執筆者
弁護士 西村裕一

弁護士法人デイライト法律事務所 北九州オフィス所長、パートナー弁護士

所属 / 福岡県弁護士会

保有資格 / 弁護士・入国管理局申請取次者


高次脳機能障害とは

人間の脳は、それまで経験したことを踏まえて、知識や記憶を形成し、そうした知識や記憶を関連づけて物事を認識したり、他人に口頭で説明したり、行動を起こしたりすることをつかさどる重要な器官です。

交通事故により、人間にとって非常に重要な脳に外傷(けが)を負ってしまうことがあります。

高次脳機能障害とは、交通事故により脳に外傷を負った被害者の方が記憶や認識に異常を来したり、コミュニケーションが取れなくなったり、行動障害が生じたり、人格の変化が起こったりする症状をいいます。

そして、こうした高次脳機能障害の症状により、交通事故の被害者が日常生活や社会生活を営むに当たって、仕事を転職せざるを得なくなる、対人関係でトラブルが増える、一人で身の回りのことができず、介護が必要になるといった支障が生じます。

交通事故により上記のような支障が生じた場合、交通事故の後遺症として、後遺障害の認定手続を受けなければなりません。

しかしながら、高次脳機能障害は、寝たきりになるようなケース以外では、外見上はなかなか症状を判断できず、画像所見が見られにくいこともあり診断が難しい障害であるといわれています。

後遺障害診断書はないが高次脳機能障害として認定を得た事例はこちらをご覧ください。

 

 

高次脳機能障害が疑われる症状

交通事故後に、以下の症状が現れた場合、高次脳機能障害の可能性があります。

認知障害
  • 記憶障害(新しいことを覚えられない)
  • 注意力障害(気が散りやすい)
  • 遂行機能障害(行動を計画して実行できない)
行動障害
  • 周囲の状況を考え適切な行動ができない
  • 自分の身に降りかかる危険を予測して回避行動をすることができない
  • 社会のルールやマナーを守ることができない
人格変化
  • 気力の低下
  • 自発的に行うことができなくなる
  • 衝動的な行動が多くなる
  • 怒りやすくなる
  • 自己中心的になる

高次脳機能障害の特徴についてはこちらをご覧ください。

 

 

高次脳機能障害の判断

高次脳機能障害の判断にあたっては、以下の4点が基本的な要素となります。

高次脳機能障害の判断の要素
  • ①交通事故により頭部に外傷を負ったこと
  • ②受傷後に意識障害があったこと
  • ③交通事故の外傷により脳の受傷を裏付ける画像上の所見があること
  • ④認知障害及び行動障害、人格の変化などの症状が生じていること

まず、高次脳機能障害の前提として、脳が格納されている頭部を交通事故によりけがしている必要があります。

そのため、①が要素として挙げられます。

その上で、高次脳機能障害が生じるのは、②の『受傷後に意識障害があった』ものになります。

ここで意識障害があったと評価されるには、GCSやJCSといった意識障害を測定する医学指標を用いて、頭部外傷後6時間以上の意識障害があることが一つの目安になります。

事案によっては、交通事故にあってから健忘症あるいは軽度意識障害が1週間以上続くこともあり、意識障害がどの程度続いていたかも高次脳機能障害の判断に当たっては1つのポイントとなります。

4916e371ec17622e8153ba1744dd48ab_s次に、③の『頭部に外傷を負った』上で、脳にも損傷があることが高次脳機能障害の判断要素になります。

この脳の受傷を裏付ける画像所見は、脳に器質的な病変が生じていることを認定するための資料として重要なものとなります。

したがって、頭部を受傷した場合には、必ず適切な時期にMRIやCTの撮影をすることが大切です。

脳に損傷が確認された場合には、外傷性くも膜下出血や硬膜下血腫、びまん性軸索損傷といった診断が下されることが多いです。

最後に、④の『実際に認知障害や行動障害、人格障害が生じていること』が必要になります。

この症状の把握が非常に難しいというのが高次脳機能障害の難しさです。

医師は、交通事故の前の被害者の生活状況や人格・性格を把握しているわけではないため、交通事故前後でどのように変わったかがはっきりとわからないためです。

また、被害者の方自身も自分が変わってしまったことを自覚できていないことも多くあります。

そこで、後遺症の症状については、医師の所見だけでなく、交通事故前の被害者の人格・性格を把握している家族や友人、職場の方などに事故後における被害者の性格や行動の変化を聞き取ることが重要となります。

高次脳機能障害の特徴についてはこちらをご覧ください。

これまで説明してきた要素を踏まえて、高次脳機能障害の症状があるといえるのかどうかが判断されることになります。

もっとも、高次脳機能障害の症状があると判断されたとしても、その上で、後遺症の程度が自賠責保険の後遺障害の何級に該当するのか、労働能力喪失率(仕事や家事に対する影響の度合い)はどれくらいかといった点が問題となり得ます。

高次脳機能障害への賠償についてはこちらをご覧ください。

 

 

裁判例

高次脳機能障害の認否について裁判例をご紹介します。

否定例

判例 追突事故により、外傷性脳損傷の傷害を負い、後遺障害3級3号の高次脳機能障害が残ったと主張した事案【東京地判H27.8.4】

  • 受傷時に意識障害がなかったこと
  • 事故時に頭部を打撲した形跡がないこと
  • 特徴的な画像所見がないこと
  • 原告自身が自賠責の後遺障害等級認定に関し、自発的、積極的に行動していること

これらの事実を根拠に、後遺障害を認めませんでした。

肯定例

判例 原告が原動機付自転車、被告が普通乗用車で交差点で接触し、原告に高次脳機能障害が残ったと主張した事案【東京地判H16.9.22】

  • 受傷時に意識障害があったこと
  • 脳幹周囲のくも膜下出血や高度の脳腫脹、左側頭葉の海馬を含む脳挫傷の画像所見が認められること
  • ストーブの火をつけたまま忘れるなどの物忘れ症状があること
  • 易怒性や易興奮性が認められること

これらの事実を根拠に、5級2号の後遺障害を認めました。

 

 

最後に

弁護士西村のイラストこのように、高次脳機能障害の問題は、交通事故の中でも非常に難しい分野であるといえます。

そのため、交通事故で頭部にけがを負った場合には、被害者だけでなく、専門家である弁護士のサポートを受けることが適切だといえます。

その際には、家族や周りのサポートも非常に重要になりますので、協力体制をいかに築くかが大きなポイントになります。

デイライト法律事務所は、高次脳機能障害の案件を扱った経験がある弁護士が在籍しております。

お困りの方は、是非ご相談ください。

脳外傷を負った方へのサポートはこちらをご覧ください。

 

 

関連Q&A

 

 

後遺障害
   
執筆者
弁護士 西村裕一

弁護士法人デイライト法律事務所 北九州オフィス所長、パートナー弁護士

所属 / 福岡県弁護士会

保有資格 / 弁護士・入国管理局申請取次者

専門領域 / 個人分野:交通事故問題 法人分野:労務問題、外国人雇用トラブル、景品表示法問題 注力業種:小売業関連   

実績紹介 / 交通事故の相談件数年間300件超え(2019年実績)を誇るデイライト法律事務所のパートナー弁護士であり、北九州オフィスの所長を務める。交通事故をめぐる問題に関して、NHK、KBCなどのメデイアへの取材実績があり、弁護士向けのセミナー講師としても活動。



『後遺障害』についてよくある相談Q&A一覧
 


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約