よくある相談Q&A

複合靭帯損傷の後遺障害は?【弁護士が解説】


掲載日:2016年8月12日|最終更新日:2019年4月26日

膝関節の機能障害が残った場合は8級7号、10級11号、12級7号、動揺関節の場合は8級、10級、12級、痛みが残った場合は12級13号、14級9号に該当する可能性があります。

複合靭帯の役割は?

膝関節には、前十字靭帯(ACL)、後十字靭帯(PCL)、内側側副靭帯(MCL)、外側側副靭帯(LCL)の4つの靭帯が存在し、膝の安定性を図る働きをしています。

膝関節の内側と外側にある側副靭帯は、膝関節が左右にズレるのを防ぎます。

膝関節の中にある前後の十字靭帯は、膝関節が前後にズレるのを防いでいます。

ですから、2つ以上の靭帯を損傷すると膝が安定しなくなり、膝の運動機能に大きな障害を発生します。

複合靭帯損傷とは、内側あるいは外側側副靭帯と前後十字靭帯の4つうち2つ以上損傷したときにつけられる病名です。

 

複合靭帯損傷の原因は?

膝のケガのイメージイラスト交通事故などで、膝に非常に大きな外力が集中したとき、複数の靭帯が損傷します。

このとき、半月板の損傷や関節軟骨損傷などの合併症が生じていることがあります。

 

 

複合靭帯損傷の症状は?

膝のケガのイメージイラスト膝が痛み、腫れてきます。歩行が困難になります。

膝関節が不安定になり、本来膝が曲がらない方向や角度に曲がることがあります動揺関節)。

急に膝が折れたりて姿勢が保てない膝くずれなどを起こすこともあります。

 

 

複合靭帯損傷の後遺障害は?

機能障害

膝の靭帯は、足関節を安定させる重要な役割を担っており、損傷すると膝関節が動かしづらくなることがあります。

関節が動かしづらくなることを運動障害といいます。

膝のケガのイメージイラスト運動障害の程度によって、後遺障害の等級も変わってきます。

もっとも、膝関節の動かしづらさが残っていれば全て運動障害の後遺障害に認定されるわけではありません。

動かしづらさの原因となる損傷が、MRIなどで確認できることが必要となります。

複合靭帯損傷により、膝関節が動かしづらくなった場合の後遺障害は、以下の3つの等級になります。

8級7号 「1下肢の3大関節の中の1関節の用を廃したもの」
10級11号 「1下肢の3大関節の中の1関節の機能に著しい障害を残すもの」
12級7号 「1下肢の3大関節の中の1関節の機能に障害を残すもの」

「下肢の3大関節」とは、股関節、膝関節、足関節(足首の関節)のことです。

8級7号の「用を廃した」とは、簡単に言うと、全く膝関節が動かない状態、あるいは、動いたとしても、健側(ケガをしていない方の膝関節)と比べて10%以下しか動かないような場合をいいます。

10級11号の「機能に著しい障害を残すもの」とは、膝関節の可動域(動く範囲)が、健側(ケガをしていない側の膝関節)と比べ1/2以下に制限されている場合のことです。

12級7号の「関節の機能に障害を残すもの」とは、膝関節の可動域(動く範囲)が、ケガをしていない側の膝関節と比べ3/4以下に制限されているような場合です。

動揺関節による後遺障害

前述したように、膝の靭帯は、4つの靭帯によって関節の安定性を保っています。

したがって、複数の靭帯が損傷した場合には、その安定性を保てなくなることがあるのです。
膝関節の安定性を保てなくなった場合を動揺関節といって、正常な場合に比べて関節が大きく動いたり、通常動かない方向に動くなどの症状がでます。

こうした動揺関節の後遺障害は、明確に後遺障害等級表に記載されているわけではないですが、準用という形で以下の後遺障害に認定される可能性があります。

8級 常に硬性補装具を必要とする場合
10級 時々硬性補装具を必要とする場合
12級 過激な労働等の際以外には硬性補装具を必要としない場合

硬性補装具は、不安定になった膝関節の機能を補助してくれる器具です。

動揺関節として、後遺障害を主張する場合には、動揺関節になっていることを証明しなければならなりません。

証明にあたっては、まずMRIなどから、膝の靭帯が損傷していることを示さなければなりません。

チェックリストさらに、その損傷により、膝関節が不安定になっていることを証明しなければなりません。
この証明には、ストレスXPにより証明することになります。
ストレスXPとは、手や器具を利用して膝に圧力をかけ、あえて骨のズレた状態にしてレントゲンを撮影するものです。

その他としては、硬性補装具を使用しなさいという医師の指示があることも必要になります。

神経症状による後遺障害

膝関節に機能障害や動揺関節は生じなかったものの、痛みは残ってしまったという場合には、以下の後遺障害が認定されることがあります。

12級13号 「局部に頑固な神経症状を残すもの」
14級9号 「局部に神経症状を残すもの」

どちらも、痛みや痺れ(神経症状)が残った場合の等級です。

12級13号の場合は、レントゲンやMRI、CTなどで、膝関節に異常な状態が確認され、痛みや痺れについて医学的に証明できれば認定されます。

14級9号は、医学的に証明までは必要ありませんが、事故態様や規模、治療経過などから、痛みや痺れが残っていることが医学的に説明できれば、認定されます。

 

複合靭帯損傷の後遺障害慰謝料

後遺障害等級 後遺障害慰謝料額
8級 830万円
10級 550万円
12級 290万円
14級 110万円

後遺障害等級が同じであれば、号が異なっていても後遺傷害慰謝料(裁判基準)は全て同じです。
例えば、12級7号と12級13号の後遺傷害慰謝料はともに290万円です。
 
 

関連Q&A

 

 

後遺障害


『後遺障害』についてよくある相談Q&A一覧
 


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約